平成27年度事業「てくてく遊び隊」活動終了!

平成27年度「てくてく遊び隊」は(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとの協働で
「ユニリーバ こども笑顔プロジェクト」の寄付金をもとに運営しました。
内容は、今年度もちびっ子(幼児)たちへの外遊び支援。

昨年度同様、毎回バスの往復とプレイリーダー付きで遊びを提供しましたが、今年度は
「お散歩」の要素を多く含んだことから、主に十六沼公園や四季の里といった福島市内
にある公園で活動しました。
ただ、夏季だけは猪苗代町のじゃぶじゃぶ池へもかなりお出かけしましたよ!!

そして、本日の最終回は本宮市のスマイルキッズパーク(記念樹の杜)で外遊び(^o^)v
イギリスのウィリアム王子がご訪問後は「プリンス・ウィリアムズ・パーク」と名称も
変わりましたね。屋外・室内で思い切り遊びました。

今年度も夏季と秋季に分けて実施した「てくてく遊び隊」。
申し込みのあった22ヵ所の保育園・保育所に対して実施期間中に1回から2回、合計39回
の外遊びの機会を提供することができました♪
一緒に遊んだちびっ子たちは、延べ1,149人(^O^)/
どの子もみな元気いっぱいボール遊びやかけっこ、夏は水遊びを楽しみました。
また、秋に猪苗代町の昭和の森で遊んだ際は、どんぐりや藤の種が入った大きなサヤを
拾ったりしましたよ♪



振り返ってみると、
東日本大震災からあっという間に4年半が過ぎましたが、こどもの森ネットワークでは
震災以降、一貫して幼児への外遊びを支援してきました。
園庭の除染もされて、だいぶ外遊びができるようになっていますが、それでもまだまだ
以前のような「お散歩」は難しいのが現状です。
今後、本当に1日も早く子どもたちが何の心配もせずに遊べるようになることを願います。

最後に、
活動の趣旨をご理解いただき参加して下さった保育園や保育所さんはもとより、これまで
これらの活動を資金面で支援して下さった各企業様、ボランティア参加をして理解を深め
て下さった企業社員の皆さん、また、中間支援団体としてこどもの森ネットワークにつな
いで下さり、終盤の活動では毎回ご一緒して下さったセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
福島事務所皆さん、本当にありがとうございました。

【平成27年度 夏季活動の様子】

じゃぶじゃぶ池で水遊び♪

じゃぶじゃぶ池で水遊び♪

十六沼公園でも水遊び♪

十六沼公園でも水遊び♪

雨の日はリステルプールで♪

雨の日はリステルプールで♪

雨も上がってリステルパークで外遊び♪

雨も上がってリステルパークで外遊び♪

四季の里でも水遊び♪

四季の里でも水遊び♪

何を見つけたのかな?

何を見つけたのかな?


【平成27年度 秋季活動の様子】
ぴょんぴょんドーム♪(十六沼公園)

ぴょんぴょんドーム♪(十六沼公園)

ロープピラミッドを登る登る♪(四季の里)

ロープピラミッドを登る登る♪(四季の里)

木立の中をお散歩♪(四季の里)

木立の中をお散歩♪(四季の里)

スマイルキッズパーク♪

スマイルキッズパーク♪

支援企業から社員さんも参加♪(十六沼公園)

支援企業から社員さんも参加♪(十六沼公園)

昭和の森でボール遊び♪

昭和の森でボール遊び♪